page1/3 ←NEXTをクリックしてページを進めてください
シロフクロウさんの家で使っている家具は、ほとんどが自作です。
まず先に近年制作のコーヒーテーブル制作風景
fukuroo3制作の木工作品は後で見ていただくとして、1ページ目は木工作業風景をお見せします。
シロフクロウさんの家は一軒家ですけれども、敷地三十坪に建つ、とても小さな家ですから、作業場は無いのです。
杉や松などの柔らかい針葉樹を使った木工は、直ぐに飽きて、やっぱり本格的なのは堅い広葉樹の家具となります。
広葉樹を手でサンドペーパーがけをしていては何ヶ月もかかりますので、ベルトサンダーを使いますが、これが問題。
物凄い粉塵が出るので、外で作業しますが、私の木工作業場はご覧の通りの玄関先の一角で、幅は一歩ぶんも無い。

ホゾ穴加工は室内でもできます
そういうことで、皆様の中には、マンション住まいだから木工は出来ないと諦めている方もいるかも知れませんが、
そんなことはない。ようするに成せば成るのでありまして、やる気と気合いがあれば、なんとでもなるのです。
この2枚目写真は、天板の裏に足を取り付けるホゾ穴を開けているところです。
ベルトサンダーがけした広葉樹の板は、塗装を済ませてから加工しているけれど、これはテーブルだからです。
椅子のようなものは、組み立て後に塗装します。
堅い木に、いきなりノミを入れると堅いがゆえに、ポロリと木部が欠損することもあるので、
右写真のように、あらかじめドリルで補助穴を開けてからホゾ穴掘りをします。ドリルが突き抜けないように注意!

気分はジュゼッペ爺さん
私はフクロウの巣穴と自称するオーディオルームで、古いカーテン生地を保護材にした上で、木工作業をしています。
下の写真は、右足の仮組を終えて、左足のホゾ穴調整をしているところです。
木工作業も、こういうところが一番楽しいところでして、ピノキオを作ったジュゼッペ爺さんになった気分であります。
外でやらなくても済むことは、室内で音楽を聞きながらやったほうが楽しい。後の掃除は自分がやるのだしね。
カントリーミュージックの女性歌手の歌声を聞きつつ作業していますと、
気分は大草原の広大な牧場に建つ、広い木工場の中で、トンカラリン!している気分になれます。やっほー!

おお!いいんでないの(^_^)v
左が出来上がった直後の、一人用コーヒーテーブルです。大型テーブルより低くしてあるのは理由があり、
このコーヒーテーブルを使わないときは、大型テーブル天板下に入れて、部屋のスペースファクターを良くします。
右写真にはJBLパラゴン・スピーカーが見えますが、このスピーカーの最適な聴取位置が低いものですから、
この高さの椅子とテーブルが必要になったのです。必要は自作家具を生む。

page1/3 ←NEXTをクリックしてページを進めてください