s ←本ページバナーミネラルショーのレポートが主ですが、その他の雑文も掲載予定

←トップP戻りここは最新ページです ←古い鉱石四方山話しページ行き
鉱石四方山話は上の青ボタンクリック【next】や【back】で往来可能です

           

2010年1月4日★第14話☆第18回東京ミネラルショーのレポート

1ページの容量800K未満に抑えるように、製作しています。

自宅のリフォームのために、ネットが使えないところで一ヶ月以上暮らしていました。
12月24日に自宅に帰ってからも、様々な作業に忙殺されて記事をアップロード出来なかった。
ようやく今日、1月4日になって第18回東京ミネラルショーの様子をアップロード出来ます。
まずは、チケット売り場の混雑模様からで、相変わらずの長蛇の列でした。中写真は妻の旦那フクロウ。



私の掲載写真は、基本的に鉱石を購入した時に、そのお店の了解を得て撮影しています。
購入した記念の意味もあるし、私の贔屓にした店ということで、店の宣伝になるという事ですね。
こちらの外人さんの店ではアクアマリンを購入しました。数個の結晶がクラスターになったもの。
右写真の日本人女性店の方からは、リーズナブル価格のダイオプティーズを購入しました。



こちらのインド人のお店は毎年、私のお気に入りの鉱石を売っているので、良く利用します。
鉱石掲示板にも書いたが、通販の様子からして、2009年はペンタゴン石の当たり年と思いました。
店を覗くと予想通りで、いつもはカバンサイトが多いのに、今年は大量のペンタゴン石が並んでいる。
結局3個のペンタゴン石と、カバンサイトを一個買いました。ひとつ15000円ほどで、驚くべき安さだ。



ミネラルショーに行けない人達のために、どんな様子で鉱石・好物が売られているかを写真でどうぞ。
何度かミネラルショーに足を運ぶと、自然と自分の好きな鉱石が解ってくるものです。
自分の性格は、自分では的確に解らないものだが、ある事象に関わると、好みの傾向が判然とする。
私の場合は学術的な事柄よりも、まずは美しさで感動させる鉱石を好むようだと気付かされた。



今回の池袋文化会館で開催されたミネラルショーは、私の最も好むトルマリンで良い出物が無かった。
外国人の店でも、ちょっと良いと思う鉱石は、破格の価格で売られていたりで、断念した事例もある。
そういうことで、今回は日本人の店で4万円に値引きしてもらった単色トルマリンが一個だけでした。
あとは2万円以下の鉱石と、今まで所有していなかった種類で、安価な鉱石を買い求めました。



二階の会場では、昨年のミネラルショーで紹介した【HUNZA GEMS and JEWELLRY】というお店の方が、
「ホームページを見ましたよ」と、思いがけずに、話しかけてくれました。
そう言ってくれると、今年もヒトツくらいは購入してあげたかったのだが、昨年とは品揃いが変わっていた。
そいうことで残念ながら、今回は私の好みの石が見つからず、写真紹介だけをしておきます。



1月5日の朝です。昨日までは買い求めた鉱石の写真を全く撮影していませんでした。
今朝、大急ぎで撮影しまして、とりあえずの鉱石写真を追加掲載します。全部ではありませんけれどね。
なお、私のサイトの鉱石写真は、太陽の自然光を使う事を大前提としています。
これは、私が高山植物の花の写真を撮る事を趣味としていたことに由来しています。



←トップP戻りここは最新ページです ←古い鉱石四方山話しページ行き
鉱石四方山話は上の青ボタンクリック【next】や【back】で往来可能です