←本ページバナーミネラルショーのレポートが主ですが、その他の雑文も掲載予定

←トップページ ←トップP戻り☆ここは1号 ←前ページ戻り ここで最後のページです。
鉱石四方山話は上の青ボタンクリック【next】や【back】で往来可能です

           

2008年11月5日★第6話☆N's Mineral (エヌズミネラル) からの鉱石が届きました

11月1日に注文し、当日11月1日17時23分に、ネット銀行より代金と送料を振り込み。その旨を17時30分に店にメール連絡。
その後、自動メール以外に店側から連絡が入ったのは、11月4日の12時32分の発送連絡でした。
私の対処は、今日の5日10時に歯医者の予約があったので、昨日のうちに、医院に治療を明日に延期してもらいました。

ところが・・、待てど暮らせど届かないから、郵便局に電話で連絡し、すったもんだのあげく、午後3時4分に配達された。
注文と発送の期間内に三連休が有ったとはいえ、1日には、代金を支払った旨と、振り込み番号を連絡してあるのだから、
4日まで何の連絡もないのは、チト、いただけない。高速道路渋滞遅れは、少々のことは、想定内でなくてはならない。
配達日時を4日発送で5日着とせず、無理のないところで、6日の午前中にしておけば、何の問題もなく済んだのだ。

暇話休題、下記掲載の鉱石写真をご覧下さい。
インターネットページ上の色合いと、実際の鉱石の色は問題なく伝わっておりまして、この点は、安心して買えます。
特筆すべきは、ラベルの見事さで、プラスチック・サンドされており、水に強く極めて丈夫だし、変色にも強そうだ。
ホリミネラロジーのラベルは、単なる紙印刷ですもんね。ただし、 ホリ・Mのはケースが付いてくるのが良い。

消費者からの絶大な高評価を受けている通販【ミネラルストリート】のラベルは、紙製ではあるけれど、
ラベル上部に、鉱石本体の小さなカラー写真がついており、これがなかなか、評判がよろしい。
エヌズミネラル店のラベルサービスも、ホリミネラロジーや、ミネラルストリートに無い良さがあります。

さて、3点の鉱石はメインページに掲載することになりますが、
シロフクロウさんの鉱石サイトでは、天然光撮影が基本なので、明日からのお天気が良くないと掲載できません。
なお、下記の写真は蛍光灯下で撮影したものを、原色に近いようにアドビ加工したものです。間に合わせ写真ですね。

※追記=11月6日に、三個の鉱石を、メインページに写真4枚で掲載済みです。



2008年10月10日★第5話☆fukuroo3の鉱石サイト方針は写真優先

さて、勢いで作った私の鉱石サイトは、当初はピンボケ気味の写真が多かったわけですけれど、
昨日の10月9日には、ほとんどを再撮影しまして、綺麗な写真に取り換えました。
それでも、何点かは、以前のままの写真も残ってしまいましたけれどね。でも、いいのよ・・、まだ先があるから。
私の場合、鉱石をコレクションする楽しみの他に、鉱石の写真を撮ることも、並行して楽しんでおりますのでね。

fukuroo3は、何カ所ものサイトを一人で運営しているのだが、それぞれに共通しているのは【写真へのこだわり】
ということがある。女性カントリー・ミュージック歌手の応援サイトだって、女性歌手のCDジャケット写真満載です。
ブナの森写真サイトや、焚き火と木工のサイトなどは、もう、写真それ自体で存在価値を保っているくらいです。
つまり、全部が【グラビアサイトのオンパレード】になっているのが、シロフクロウさんの運営するサイトの特徴です。
そういうことで、こちらのfukuroo3の鉱石サイトもまた、写真そのものに、おおいにこだわっている次第です。

首相就任挨拶じゃないが、鉱石サイト開設にあたって、所信表明演説!みたいなことは、わざわざ述べていませんでした。
ここで本日、あらためて鉱石サイトの運営方針とでもいうべき基本理念を述べておきます。

自然光で撮った鉱石写真をメイン・テーマとしたグラビアサイトにする。

という一言に尽きます。エライ短くてスミマセン。いやぁ〜、実にシンプルで、エエじゃないか。←自画自賛・・・
写真を楽しむのに理屈も理念もありゃしません!というのが、基本スタンスでありまして、学術とは無関係にする。
よって、一般的にインターネットで見かける、多くの鉱物&鉱石のサイトのように、鉱物名とか元素名などはオマケ程度。
そーゆーお勉強したい人向けのサイトではございませんので、ただひたすら、ポケッ・・として、写真を眺めてくださり、
「おお!ナントまぁ〜、きれーだのぉ〜おお〜ぉぉおお〜!」これだけでオシマイのサイトでございます。

シロフクロウさんは、狭い庭で花を咲かせている花咲爺さんだし、若い頃は高山植物の写真を撮るのが趣味でした。
そういう私ですから、極力、太陽光で撮ったナチュラルな写真だけで、サイトを作りたい希望があって、このサイトを制作した。
この【鉱石四方山話】にも、鉱石の写真を一枚くらいは掲載しなくてはね。太陽光で白く反射するスペサルチンをどうぞ。



2008年9月9日★第4話☆ミネラルストリート【mineralstreet.jp】から4点買いました

シロフクロウ日記にも、ミネラルストリート【mineralstreet.jp】は、価格付けが妥当だと書いたけれど、
こうやって、一個一個を手にとって撮影していると、同じ価格帯でも、ホリ・ミネラロジーから買ったものに比べて、
ひとまわり大きいと感じる。つまり、そのぶん、お買い得であるということになります。
写真は、左上からオレンジリバー水晶・その下カルセドニー・葡萄石・カルサイト、という順番です。

今回は、葡萄石だけが一万円をチョットだけ超えたけれど、みんな一万円以下の鉱石です。4個合計28000円ほど。
この記事の下に、7月19日にホリ・ミネラロジーから買った鉱石が16個、ずらっと掲載してあるけれど、
あちらは一万円以上の鉱石も多い割には、こぢんまりしたものが大半です。なのに、14万円ほどになった。

鉱石の価格は、大きさとは無関係なのだけれど、沢山の鉱石を見ていれば、自然と「これはお買い得だな」とか、
「これはモノの良し悪しからしても、高額すぎるな」という程度のことは、解ってくるものです。
同じ程度の品質なら、大きい方が高額になるのは自明の理でありますからね。

ふと冷静に考えれば、わざわざ東京のミネラルショーに行くと、バスと電車を乗り継いで、丸一日を潰してしまう。
そんなことをせずとも、良心的な鉱石通販サイトが沢山増えれば、ミネラルショーに行かなくても済むことになる。
現状では、品揃えの多彩さで、通販よりもミネラルショーが優位にたっているけれどね。実物に触って買えるし。

このマトモな市場経済の流れを阻害するのが【石のナントカ・パワー】と称する、オカルト系のパワーストーン業界だ。
昔流行ったが、ナントカの壺なるものを、何千万だかを払って買うアホなお金持ちが沢山居て、逮捕者も出ている。

本来の鉱石の価値にプラスアルファで、念力だの、怨念だの、屁力か欲力か、様々な付加価値?をつけられては堪らない。
私は50年前、小学生の頃から鉱物が好きだったけれど、沢山の石を集めても、50年間も御利益にあずかっておらぬ。

もし御利益があるなら、半世紀も経てば、お金持ちになっている筈だが、私は生活保護者以下の年金で暮らしている。
ナントカ・パワーが発生するなら、健康で元気になる筈だが、年々ヨボヨボになっていく一方で、何度も死にかけている。

絶対に【何かが有る!】としてもだ。10年ほどで、おっ死ぬだろうから、何かが起きる前に、既に屍になっておろう。
「おろっ!?、爺さん、いつの間にか、こんなにチベタクなって!」ヤッホー!てなもんだろうね。




2008年7月19日★第3話☆ホリミネラロジーの全労済ビル・セールに行きました

ホリミネラロジーセールは今日19日から、23日まで開催です。今回はフランス・サンマリオミネからの買い出し品セール。
先ほど、セール会場から帰ってきて4時間未満なのに、早々に鉱石サイトにアップロードするなんて、我ながらチュゴイ!
誰も褒めてくれないから、自分で自分を褒めておくことにする。

先週に、ミネラル・ザ・ワールドに行った時ほどは暑くなかったから、暑さが大の苦手の私は助かりました。
若かった頃に、カメラの趣味で通ったのが、新宿南口のヨドバシカメラでした。勿論、当時は千葉にY・カメラは無かった。
今日の新宿南口は、こんな感じで↓上の写真は、こんな目立つビルは、何時の頃から出来たのかなぁ〜、なんて思ったりした。



ともかく、全労済ビルの会場に着くと、前回に同じ場所で開催されたホリ・ミネラロジーの様子とは大違いでした。
前回はアメリカのツーソンから、堀氏が買い集めた鉱物セールだったけれど、会場前に人は並んでいなかったのだ。
混んだのは夏休みに入ったせいかな?。私がビルに入る時、丁度、並んでいた15人ほどが入場していくところでした。

いつものごとく、シロフクロウさんは近くのトイレに入ってから、悠然と会場に入ります。
撮影許可をもらうのは面倒だから、今回は、会場の外や階段の上から様子を撮影しておいたので、下の写真をどうぞ。
女性が多かったみたいだが、大会場のミネラルショーと違いまして、ホリ1社だけですから、こぢんまりしたものです。



それでも、前回と違って、この度は、階下に小さな部屋を借りて【第二会場】として開設されていました。
ミネラルもブームになるのかしら〜ん?、シロフクロウさんが、やり始めた趣味だとか、興味を持った事など、
そういう事柄は、その後にブームになることが多くて、旦那フクロウなどは、いつも感心しているのですけれどもね。

暇話休題、今日買い求めたのは以下の写真の16点の鉱石です。これだけ買えば、ソリャ〜アナタぁ〜・・
シロフクロウさんが用意した十万円など、ぜーんぶ使ってしまい、スッカラカンになりました。あはは〜文無しじゃ!
文無し後に【バラ輝石】という高価な鉱石を、キレイだのぉお〜!という顔付きをして、欲しそうに見ていたら、
旦那フクロウが「結婚記念日ということで、買ってあげる!」と、自分のカードで買ってプレゼントしてくれました。

おお!バラ輝石の奇跡じゃあ〜っ!ヤッホー!。鉱石名がバラだけに、結婚記念日としては、なかなかの選択だね。
今回は予算不足で高価なものは買えず、私の買った中では、14800円なりのタンザナイトあたりが、高額品でした。
なので、旦那フクロウのプレゼントしてくれたバラ輝石が、ダントツの本日・最高額品であります。ちゃんちゃん!





2008年7月13日★第2話☆昨日12日に行ったミネラル・ザ・ワールドをレポート

【鉱石の四方山話】と名付けていますが、世の鉱物サイトと違いまして、シロフクロウさんは無手勝流です。
そもそも、鉱物サイトと名付けずに、俗称で通りの良い鉱石サイトと名付けたところからも、主流から外れている証。
地学や鉱物などの知識は、世の鉱物サイトで学習してくださいね。私のところは単なる【グラビアサイト】です。

暇話休題、ミネラル・ザ・ワールドはホームページ行き第三回目だそうです。
私は昨日行きましたが、今日の13日・日曜日まで開催中で入場無料。ご興味のある方は、足を運んでみてくださいませ。
いえ、私はここの実行委員会の関係者ではありませんし、単に、親切心から宣伝係をしているだけでございます。
行き方は様々あるが、私は下の写真のように、一番近い新都市交通ゆりかもめ 竹芝駅から100m 徒歩約2分を選んだ。



一応、上写真の説明。左ゆりかもめの乗車ホーム、中の灰色建物が東京都立産業貿易センター、右が会場入り口受付風景。
出展者の数は50社くらいとか。会場の広さに対して多くはないから、他のミネラルショーよりは、ゆったりと見られた。
と、私が言葉で書くよりも、写真掲載したほうが早いから、下記写真で会場内の様子をご覧下さい。
なお、各店の展示物は撮影しませんでした。いちいち、許可を得るのも面倒だし、そこまでして店の宣伝係はしない。
それに、何を考えているのか解らない業者は【撮影禁止!】と言う人もいるので、会場の背後から撮った写真だけです。



今回は私の好む海外からの出展者が見当たらず、多くは日本国内業者が多くて、さほど期待はしていなかった。
それでも、はるばると千葉から来たのだから、きれいな鉱石を買わなくては!と、大きなフクロウの眼を見開いて物色(笑)
とりあえず、トルマリンが好きなシロフクロウさんですが、これぞというものには遭遇できず、最初に天青石を購入。

ここは店名に【蛍石】を掲げている茨城県の店で、御夫婦らしきカップルが販売していた。鉱物・化石と科学雑貨の店
蛍石は、私が製鉄所勤務で転炉の炉前職をしていた関係で、美しい蛍石を湯水のごとく精錬に使った経験が有るから、
どんなに綺麗なホタル石でも欲しくはないです。でもこのお店は、なかなか、目の付け所が良い品揃いをしています。

インターネット通販もしているので、上記緑色文字クリックで、ネット店も覗いてみてください。
この店では天青石の他に、花模様のような結晶をしたアラゴナイトも購入。昨夜撮影しておいた、以下の写真をご覧下さい。
右端のカバンシ石を買った店は、購入した袋の中に店名などの記入もなく、私もメモは取っていないから、どこの店か不明です。



↑左は天青石(セレスティン)中は霰石(アラゴナイト)右端が、どこの店か不明店で買ったカバンシ石↑です。
蛍光灯と白熱灯を使った撮影なので、メインページに使うような写真ではないけれど、鉱石四方山話用には充分よね。
ミネラルショーから帰る電車の中でも、今日はたったの3個しか買えなかったし、全くの低調だったとガッカリ〜(+_+)
まぁ、そのぶん、資金は残ったわけだけれどね。

           

2008年7月6日★第1話☆さて、どっちのミネラルショーに行ったものやら!?

ブナの森旅行から昨日帰ると、鉱石販売会の案内ハガキが届いていました。大御所・プラニー商会主催。
【第4回池袋鉱物化石市場in東武】という、長〜い名前で、7月31日〜8月5日までの6日間開催です。
夏休みのお子さま向けかとも思うけれど、60才過ぎた私には、真夏の熱波の中、出かけるのは大変だ。

子供と違って、年中お休み状態の、我々団塊世代向けのミネラルショーが有ってもよさそうなものだネ。
暑くも寒くもない時期に、ミネラルショーをやれば良いのにと思うのは、私だけではないだろう。
ついでに、会場も広いところでやってくださいな。なにせ、どこも狭いんだもの。

それにしても、7月の販売会は、今週末に都立産業貿易センターで【ミネラル・ザ・ワールド】が開催されるし、
次の週はホリ・ミネラロジーの販売会が有るという具合で、この二つの催し、どちらに行くかが悩ましい。
シロフクロウさんの鉱石購入費用は、僅かな年金です。毎週行くほど資金が無いから、悩むわけよ・・(^^;)ゞ

←トップページ ←トップP戻り☆ここは1号 ←前ページ戻り ここが最後のページです。
鉱石四方山話は上の青ボタンクリック【next】や【back】で往来可能です