4page目・4/9


○中期型の中でも、16Ω仕様と8Ω仕様があるし、また、背面の裏蓋にエナジャイザー用裏蓋が無いものがある。
上記のものは、中音用ドライバーが376ドライバーではなく、375なので中期型に分類されるけれども、
中期型としては比較的新しいもので、後年になって製造されたJBLパラゴンの特徴を備えています。
すなわち、ユニットは8Ω仕様であり、背面の裏蓋にエナジャイザー用裏蓋が無い中期型の見本といえるものです。


○上のパラゴンとは違うもので、こちらも中期型ですが、より古い形式なので、エナジャイザー用のメクラ蓋がある。
左写真は左チャンネルの裏側。375ドライバーとLE15Aを搭載した16オーム時代の中期型パラゴンの写真です。
二つ見えるネットワークは左が中音用のLX-5、右が高音用N7000です。
配線はオリジナルの状態なので、この下の写真でfukuroo3の後期型パラゴンに施した独自配線との違いが解ります。
右の写真は、レフレクターパネルを引き上げる前と引き上げた後で、蝶型ジョイントが3個見えますが、
裏側も同様のジョイント金具があり、これを取り外して3分割されて運搬されます。

○右のネッワーク4個の写真は、私のパラゴンの物ではなく、別の個体のものです。左写真は私のパラゴンの裏側です。
2002年7月17日現在の、私のパラゴンの内部配線状況で、fukuroo3のオリジナル配線になっています。
376と075ユニットには、それぞれ、別々に独立した配線をしている。この方が、オリジナルよりも理想的だ。

私はケーブルに凝ることは無いが、8Nのケーブルです。これは非常に堅い3本の銅線が入っており、
芯線3本束ねて2ミリ以下という細さなので、JBLオリジナルのバネ端子の穴にラクラクと入ります。
ネットワーク配線も、このケーブルの外皮をカッターで切り割り、内部の細い赤黒ケーブル2本を取り出し、内部配線としました。
☆この細くて堅いケーブルを使うと音が堅めに変化しますが、
こと、パラゴンに関しては自由自在に音を創れるフクロウ仙人なので、ケーブルによって音が堅くなろうが柔らかくなろうが、
全く頓着しません。後でなんとでも出来ますから。

それから、JBLのバネ式端子は細いケーブルしか入りませんが、365日24時間締め付けている状態になるので、
緩みとは無縁という長所があります。

私は高能率型のパラゴンに、近年の太いケーブルは必要とは思わないので端子を取り換えていません。
どうしても太いケーブルを使いたければ、
ケーブル先端だけを細くすれば良いことで、 バネ端子のままで使うことをお薦めする。
近年の締め付け式大型端子は緩みやすい欠点がある。
○右写真のネットワークはパラゴンにビルトインされているLX-5とN7000(旧型)。各帯域をこの二種類で振り分ける。


○上左↑の写真は前回のLE15Hウーファのコーン紙張り替え修理後です。
パラゴン天板上に、まだ取り付け前の左チャンネルLE15Hが乗っています。
右は古い時代の375ドライバーと075ツィーターで、私のものではありませんが、参考までに掲載。

○LE15Hはウレタンエッジなので、10年ほどでコーン紙を張り替えます。
少々面倒ですが、10年に一度くらいなら、たいした手間ではない。
ウレタンエッジによる軽量ウーファコーンが、軽やかに動作するメリットは大きく、
音質面から言えば古い150-4CやLE15Aよりも、LE15Hの方が良いと思う。
ハーマン・インターナショナルでも、耐久性を重視するのならプロ用ユニットにも使われている普通のエッジを採用するが、
音質第一のアマチュア用としてはウレタン・エッジが良いとの話でした。

私のようにアンプ出力が僅か0.5ワットで大音量になってしまう環境では、
大出力用耐久性をエッジに求めることは不要で、ウレタンエッジが相応しい。
パラゴンは現代の大飯くらいのスピーカーと違い、僅か0.1ワットで充分過ぎるほどの音量が出る高能率型です。

back・paragon3に戻る next・paragon5に行く ←home