愛馬★赤兎馬サイトは不定期更新ドライブ紀行文と写真で綴る 



←トップに戻る ←次号に行く



09年4月20日発行☆ここが創刊号です
★1000ピクセル画像にします

車好きの方の為に、無人のロードスター車両写真を掲載しておきます。
エンジンとか、ノーズ部とかティール部とかの、各部分のクローズアップ写真が欲しい人も居るのかな?
なお、私のサイト内写真は、出所が、http://fukuroo3.comであることを記載すれば、全て使用許可しています。


2009年4月19日★赤兎馬サイト記事・最初のアップロード

このサイトは日記と体裁が似ていますが、より写真重視として、テキスト記事を少なくします。
写真一枚につき3行程度に留めます。初回は900ピクセルですが、1000ピクセルも検討しています。
まずは、私の赤兎馬マツダ・ロードスターVS RHT6速オートマティック車をお披露目です。場所は昭和の森。


とても広い昭和の森は、我が家から近いドライブポイント。19日は好天で広場に鯉のぼりが翻っていた。
今回は、妻の旦那フクロウによる練習運転です。早く新車の赤兎馬に慣れてもらうためです。





2009年4月8日★私の愛馬(愛車)に赤兎馬と名付ける

常日頃から貧乏人だと標榜している私に、車など買えるわけはない。旦那からの私への誕生日プレゼントです。
旦那フクロウは私と違いまして、貧乏人ではありませんからね。
シロフクロウ主夫はアメリカ人の主婦と同様で、一家の収入を管理しておらず、月々の生活費を受け取るのみです。
よって、耐久消費財は当然として、日常の一万円程度の雑貨を買うにしても、シロフクロウ主夫には買えないのだ。

暇話休題、車に名前をつけるというのは、誰でもやっていることなのか?、そのへんはネットで調べていない。
他人はどうあれ、私としてはこの際、自分が所有する車に愛着を持って接するために、名前をつける。
名付け親としては、できるだけカッコいい名前にしてあげたい。よって赤兎馬と名付けることにした。

それでは、サッサと、このページに愛馬の勇姿を披露すべきところなのだが、スマンけれど、写真は無いのだ。
漱石先生風に言うと、私の愛車【赤兎馬】の写真は、まだ無い・・のだ。一ヶ月以上納車待ち状態なんだもの。
名前だけ付けて車はまだ無いけれど、しかし、間違いなく4月8日に、私の愛馬☆愛車は誕生しています。
なぜかというに、自動車販売店から4月8日生産予定です、と連絡があった。つまり本日が愛馬の誕生日です。

いやぁ〜、めでたいことではないか、私の赤兎馬は、お釈迦様と同じ誕生日なのですぞ。花祭りですぞ!ありがたや!
え?お釈迦様と車が、なんの関わりがあるのかって?
いーんだってば!これで自己満足に浸っていられるのだから。シロフクロウさんの誕生日も花祭りと関係が有るし。

そーゆーワケで、三国志に名高い名馬の名前を、我が愛車に使用することには、なんのためらいもない。
なにせ西暦180年頃の話しでありますから、赤兎馬の登録商標など、とうに期限切れ?しておるだろう??。
名馬・赤兎馬、今なら使い放題であります。この記事を読んだ貴方も赤兎馬の名前を使えます。チャンチャン!

話のついでだから書くが、とある女性が言った「やっぱりオープンカーは赤ですよね!」
これだって、何の根拠があるというのだ?という疑問はあるけれど、とりあえず、私は激しく同意するぞ!
なぜというに、私の愛馬はピュアレッド塗装なんだもの。これが青とか黄色なら青兎馬?黄兎馬?そら違うだろう!

赤い車にしたのは、よくよく考えてのことで、これには深い理由がある。←もったいぶってスマンね!
何を隠そう、この車を私の誕生日(3月上旬)プレゼントにしてくれた妻の旦那フクロウが、今年還暦を迎えるのです。
赤いチャンチャンコ代わりに、真っ赤なオープンカーにしたというわけだ。これがホントのチャンチャン!〜(^○^)



fukuroo3の愛馬★赤兎馬との日々は、2009年4月にネットデビューしました 

←トップに戻る ←次号に行く




ここから下は別管理サイト

←日記TOP オーディオ掲示板 ←音楽掲示板 自由掲示板


カントリー音楽サイト オーディオ 焚き火 鉱石サイト ←私に連絡する
ブナの森写真 写真旅行記と花写真 音楽写真紀行
音楽コラム