愛馬★赤兎馬サイトは不定期更新ドライブ紀行文と写真で綴る 



←トップに戻る ←前号に行く ←次号に行く



09年5月8日発行☆第4号・青森西海岸から岩木山麓
2009年4月★岩木山神社に立ち寄りました

昔から岩木山は信仰の対象であり、津軽の人々と暮らしを共にしてきた山でもあります。
シロフクロウさんの時代、お山参詣は一切の交通機関を使わず、自分の村から自分の足で往復するビッグエベントでした。
大きな竹竿のノボリなどが懐かしい。村に帰ると、お山参詣のお囃子と装束で踊りながら各戸を巡って、お布施を頂いた。



岩木山神社・奥の宮

私の故郷は、この岩木山神社とは反対側なので、子供の頃に詣でた体験はない。私の村からは長平村が登山口でした。
ご神体は岩木山そのものなので、山の周囲の登山口に、それぞれの神社が有るのです。



2009年4月★第3号からの続き西海岸風物

前号では国道101号線西海岸千畳敷へのドライブでしたが、帰路は西海岸名物のイカ焼きのお店に立ち寄りました。
このへんの海辺は、私の子供の頃は何もない海辺で、海岸は砂浜で波打ち際からは岩礁の浅瀬が続いていた。
私の子供時代の格好の遊び場で、素モグリで貝を獲ったり、アイナメなどをヤスで突いたり、釣りもした。



2009年4月★さりげなく、故郷の浜辺に赤兎馬を停める

今では、昔の面影は無くなって、私の子供の頃に知っている故郷ではない景色ばかりが広がっている。
こうしてたまに尋ねると、知らない町を尋ねている気分になる。特に海岸線の風景は激変した。



2009年4月★今でも変わらぬ故郷の風景は岩木山のみ

西海岸は弘前市の反対側になるが、この方角から眺める岩木山の山容だけは、私の子供の頃と全く変わらない。
私の故郷から眺める岩木山は、このように漢字の【山】の形そのものであり、ここが岩木山の正面と信じていた。
勿論、反対側の弘前方面に住んでいる人々は、自分の地域から眺める岩木山を、正面であると信じていたのだ。



2009年4月★ネックレスロードと赤兎馬

私が子供の頃には、岩木山周遊道路なんていうものは無かった。こんなに真っ直ぐな道路は近年の産物。
だから今回、弘前からの往復路で、初めて走ってみた道路です。以前は国道7号線を走っていましたから。
現代になってカーナビゲーターを使い、新しい道を車で走ると、奇妙な感覚に陥るのだ。岩木山周辺も様変わりです。



2009年4月★岩木山麓のリンゴ畑の中にて

この写真もネックレスロード。なにせ道路は貸し切り状態だ。首都圏の車好きの皆さんは、さぞや悔しかろう。
首都圏からの観光客なら、リンゴの花が咲くときに、青森県のリンゴと岩木山を眺めに行くと良い。
津軽はリンゴの国だから、いたるところにリンゴ畑は有るし、晴れていればどこからでも岩木山は見えます。



←トップに戻る ←前号に行く ←次号に行く



ここから下は別管理サイト
←日記TOP オーディオ掲示板 ←音楽掲示板 自由掲示板


カントリー音楽サイト オーディオ 焚き火 鉱石サイト ←私に連絡する
ブナの森写真 写真旅行記と花写真 音楽写真紀行
音楽コラム