←nextをクリックで進む page1/100

2007年6月23日から7月8日までのスイス旅行です。高山植物の花と山の写真を、百ページ以上掲載予定。
実際に行けるとは思っていなかったスイスの山々を巡ることができて、とても幸せな日々を過ごしました。
花咲爺さんを自称するシロフクロウは、若い頃に日本中の高山植物の花を撮影して歩いた経歴がありますので、
秀麗なアルプスの山もさることながら、本でしか見たことのない、可憐なスイスの高山植物には感動しました。


山と花の写真を大きく掲載するのは後にして、ここは写真旅行記なので、小さな写真を効率よく合成します。
2007年6月23日土曜日に、チューリヒ市内のダウンタウンともいうべき地区に一泊目の宿を取りました。
上の茶色ホテル二階の部屋で、角部屋で窓の外が広場で眺めがよいと喜んだのは、大間違いでした。
この夜から次の日の夜明けまで、広場は若者達の大騒ぎで占拠され、一睡も出来ずに朝を迎えた。

ホテル前広場路地の八百屋さんで、トマトなどを買う。イチゴは見た目と違い、酸っぱくて美味しくなかった。
次の日は6月24日は日曜なので、スーパーは休みで、水と食料を確保しておく必要がありました。



到着した日は好天に恵まれたので、宿で荷物を整理した後で、少し市内を見に行きます。
市内中心部に近いホテルで、駅にも歩いて行けるところですから、路地を抜けると直ぐに大通りに出る。
写真下段は、次の日の朝、市内中心部の川で魚釣りをしている人を横目に、チューリヒ駅に向います。
大きな駅で、大屋根の両脇にはキヨスクなどの店も有る。なにはともあれ、右下写真のチケット売り場に向かう。
全路線50%引きのチケットは、旅慣れた人向けには有り難い割引制度で、使いでが有る割には安い。
当初はレンタカーを使わないで、列車やケーブルカーを多用する予定です。車が入れない村もありますからね。


←nextをクリックで進む page1/100