←nextクリック page71/100

シロフクロウさんは、妻の旦那フクロウの計らいで、ホテルの自室から絶好の撮影地点に居て、
ベッドにもぐり込んで暖を取ったりしつつ、ベランダに出てパチリとやっていられるが、
多くの観光客は、そういうわけにはまいらない。寒い中をホテルから出て、川縁に出て朝焼けを眺めている。



私達のホテルの前の川縁も、かなりの人が集まったけれど、ヒトツ上流の橋には、鈴なりの観光客だ。
望遠レンズでヒトツ上流の橋を見ると、橋の周囲から、人がこぼれ落ちそうだった。
ナルホド・・・この橋が、有名なマッターホルンの撮影地点だったのですね。



雲が湧くマッターホルンは絵になる山だ。近くても遠くても、どこから見ても美女は美女なのね。



ホテルの朝ご飯を食べた後、この日は スネガパラダイスのロープウェイ駅に向かいました。
一番列車に乗りますから、ここでも、セントバーナード犬の御出勤風景に出会いました。
ワンちゃんも朝早くからの出勤は大変なのかなぁ〜、朝寝坊出来ませんね。ご苦労様です。
右端は切符を買っている旦那フクロウ。貴女も私の引率をご苦労様ね。



さて、扉の向こうに行こうかとしたら、私達の後方から自転車に乗った兄さんが、ビューン!と通った。
まぁ、これだけ長いトンネルだから、自転車でホームに向かうのも解らないでもないが・・
まてよ、彼はダウンヒルコースを自転車で降りるのかもね。下の右写真は車両の内外の様子です。



←nextで進む page71/100