←nextクリック page106

前日の5日の午後五時半にクールから帰ると、アローザの谷間に陽が射しており、明日の天気に期待した。
Hotel Streiff の女性従業員に尋ねると、明日は雨だと言う。スイスのお姉さんは皆、悲観論者だ。
2007年7月6日の朝。心配していたお天気は曇り空ですが、ハイキングに行けそうです。



この日は、Weisshorn(ヴァイスホルン)行きのロープウェイに乗ったが、終点までは行かず、
途中駅のWeisshornbahn(2015メートル地点)に降りて、
右側の道をハイキングすることにした。上の写真↑のように、工事車両が有ったりして興を削ぐ。





この途中の中間駅からは、ハイキングコースが何本も有るけれど、全部は歩けない。
とりあえず、高山植物園が有るという理由で、右側への道を行ったけれど、
途中で迷ってしまい、草刈りの済んだアルプとか、牛の糞を見ただけの場所もあって、ちょっとメゲた。
下の花は、イブキジャコウソウの花。



それでも、それなりに高山植物達には出会えましたから、シロフクロウさんは嬉しかった。
こちらは、キキョウ科タマシャジンの一種、ヘミスファエリクム・タマシャジン【Phyteuma hemisphaericum】。
あ〜、写真の植物名を、その都度、キチンと調べて書き込むのは、実に面倒だ(笑)。



ということで、こちらはスイスアルプスの花達・・・(^_^;)☆\(- -) マジメニヤレ!、あたたっ・・
え〜、真ん中はマツムシソウ、その右はマーガレットで、牧草地(アルプ)には沢山咲いていた。



←nextで進む page106