1page目 ←NEXTをクリックしてページを進めてください

2004年2月16日掲載。全5ページで最下部にもページめくりがあります。
1/5=そんなに難しく考えずに、以前に使っていた普通のステレオを流用して、投写型プロジェクターとスクリーンを買い足すだけで、ホームシアターを楽しみましょう!という簡易ホームシアターのススメです。
最初の写真は、左が3台デッキ重ね置き状態。全て普及品で、下からLDデッキ、ビデオテープデッキ、DVDプレーヤーです。右写真はその右上の壁に穴を空けて、投射用穴を作りました。
3台のデッキ切り替えは、ビデオデッキのチャンネル切り替えを利用し、AVアンプやセレクターは使わない。 普通に、DVDとTV放送だけを楽しむなら、テープデッキとDVDプレーヤーの2台だけで、ホームシアターは始められます。無理して壁に穴を開けなくても適当な置き台に投射プロジェクターを乗せて、スクリーンをぶら下げればOK!。これでもうホームシアターは完成です。簡単でしょう?
Theaterhouseという安いスクリーンを作っている会社もあります。 これなら貴方も、すぐに始められる感じがしたと思います。それでは、もう少し、簡易ホームシアターのススメ!をどうぞ。
ホームシアターには、簡単設置ができる液晶プロジェクターか、近年進歩が著しいDLP方式プロジェクターが早道です。 シロフクロウさんは、オーディオルームに映像を投射する為に壁に穴を開け、隣の台所を映写室にしました。 自宅だから出来る、思い切った手段ですね。
かくして液晶プロジェクターは、台所の食器棚の上に乗ることになりました。
プロジェクターとデッキを繋ぐケーブルは、見てのとおりS映像ケーブルだけの簡単接続。安価な普及品の機器なので、最新のD端子などは付いてないのです。ビデオデッキのS端子接続には、L1とL3にDVDとLDを繋ぎました。L2は空き。画像の質を追求すればキリが無いけれど、大画面は何にも代え難い魅力。


インターネットと郵便ポストでDVDレンタル出来るサイトにリンク
とても簡単でテキトーな置き方。パソコン台の横に積み重ねただけ。
座った正面にはスクリーンとオーディオスピーカーがありますので、自然と背中側にプロジェクターと映像用のプレーヤーがきます。
私の家も狭さだけは負けませんから、パソコン用のモニターだの、私の趣味の写真だの、 ううむ・・写真で見ると、こりゃまた、どこかの物置みたいな状態よねぇ〜。まっ、いいか。映画を見るときは背中側だし、どうせ暗くするから見えないモンね。
こんな状態でも、充分に大画面のホームシアターが楽しめます。プロジェクターとデッキの接続が終わったら、手持ちの古いオーディオ機器と接続するために、長めのRCAピンケーブル(ステレオに繋ぐ右と左チャンネル用のもの)を用意すればOK。

2ページ目には左下からでも行けます。



next=次2Pへ ←home